どう対応したらよいのか

厄年には前厄、本厄、後厄が存在し、それぞれの時期に災難が降りかかると言われています。また、男性と女性の厄年と言うのは異なります。年齢別にみていくと、男性の場合の前厄は24歳、41歳、60歳、本厄は25歳、42歳、61歳、後厄は26歳、43歳、62歳となっており、それぞれの年に災難が降りかかると言われています。また、女性の場合の前厄は18歳、32歳、36歳、本厄は19歳、33歳、37歳、後厄は20歳、34歳、38歳となっています。(関連リンク:厄年看護師のお気楽コラム

厄年は、子育てや家事などが多忙になるため災難に遭いやすいというのが由来ですが、科学的にはそのような根拠はないため、その年に悪いことが起きるかどうかは気にすることなく、人生を謳歌することが大切だと考えられます。しかし、人によってはその年に不慮の事故に巻き込まれるのではないかとか、災難に遭ってしまうのではないかということを恐れ、旅行などを控えたり、結婚よりも仕事を優先したり、内向的な態度を取ってしまう人もいるかもしれません。そういう人のために考えられているものが厄祓いです。日本では、全国にある多くの神社で厄祓いを行っているため、その年を生きるにあたって不安のある人は、厄払いをしてみるべきではないでしょうか。実際に効能があるかどうかは問題ではなく、不安を抱える人が厄祓いを行うことによって安心し、晴れ晴れとした気持ちで仕事や子育てをしたり、結婚に踏み切ることが大切なのです。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です