内面を見つめ直す年

女性の方の厄年とは、19歳、33歳、37歳が本厄として有名です。一般的に運気が下がる事だと思われがちな内容ですが、心と体に大きな変化が訪れ易い時期とも言われ、内面と体に気を配る事が大切と言われています。昔の女性の方は、16歳前後で結婚をし、子どもを授かる事が一般的でした。19歳と言うのは、子供が3歳程度に成長をし、自分自身の考えを持ち始め自立心が芽生える年になってきます。今まで親の考えで言う事を聞いていた子どもが言う事を聞かなくなり、親としての不満が現れて悩みから体調を崩す事も起きてしまいます。33歳になれば、子どもは大人へと成長し、実家を出る事も出てきます。そこには淋しさや、子どもを育てる目標を失う事によってうつ状態に陥る可能性もあります。37歳になると、段々と体に大きな変調が現れて来る事もあります。

厄年になれば、運気が下がらない様にお願いとしてお参りをされる方が多くいますが、心と体の変化に対して意識を配り、生活習慣を見直して行く事が大切になります。元々この様な考え方が生まれたのは昔の時代の話ですが、現代においても戒めとして参考にしておくべき大切な内容と言えます。実際に、心と体に変調が現れたり、この様な年にならなければ意識をする事が起きない内容ですが、現代においては厄年に限らずいつ何時この様な状態に陥ってしまうかわからないため、常に意識を高めておく事が大切な事と言えるでしょう。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です